読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭浄線

吾輩は考えるゴミである.名前は未だ無い

2017/03/13

タイトル変えました。鬱病でもないのにうつにっきてのはどうかと思ったんで。

精神科めもというタイトルの理由は、精神科の先生に見せるつもりでこの文章を書いてるからです(w

精神科の先生も大変だよねえ。こんな頭しっちゃかめっちゃかな奴の話を聞かなきゃあかんのだから。いくら仕事とはいえ…。

さて、こんな私も来月でお酒を飲むのが許される年齢になっちまいます。嘘だろ。悪い夢でも見ているのか…。

という冗談はさておき。僕は、中身は子供のまま、外見だけは大人の皮になってしまった、そう感じている。例えば、大人としてとるべき行動とか、態度というものに関してはある程度知識を得、身に着けたように思う(それでも他の同世代からしたら、全く身についてないように見えるだろうねw)。しかし、中身はろくに成長せず、子供のままだと思う。精神年齢が低いとも言う。

確かに、インターネットなどを見ていると、精神年齢の低そうな発言をする人もいる。しかし、自分にとってそういう人たちの存在は、不快ではあるが、正直どうでもいい。また父親に上記のことを話したところ、「大人とはそういうものだ。俺もそうだ」と言われた。しかし、他の人がどうであろうと、そんなことは関係ない。問題は自分なのである。相対的なものでは無く、絶対的なものである。

今までテキトーに生きてきたからこうなってしまったのかもしれない。ならば、今からはしっかりと生きてけばいいのだろうかもしれないが、今は踏み出せずにいる。

それにしても「大人」とは、いったいどういうことなのだろうか…。