読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭浄線

吾輩は考えるゴミである.名前は未だ無い

2017/03/12-2

前記事と話題が違うので記事もわけます。

自分は無能である。そう思えることが非常に多い。

新しいことに挑戦しようとしても、うまくいかない。例えばギターを弾いてみようと思ったのだが、指南書を読んでも全く弾きかたがわからなかった。おそらく私は、ギターを弾けない人種なんだろうと思う。そして何もやろうという気にならない。誰もお前を愛さない。そりゃ誰だってそうかもしれないが、そういう問題じゃねえんだよ。

インターネットを見てると、何かしら秀でた能力を持っている人が多く目につく(特にそれはTwitterなどで顕著である)。

それに対して自分は、秀でた能力なんかありゃしない。

仮にあっても、クソほどの役にも立たない、無用の長物しかない。

そんなどうでもいい能力しかもらえなかった。自分は。

オマケに顔が絶望的なので、もう人生詰んだも同然である。世の中顔さえ良ければいいのだから。

上記の文章を読んで努力が足りないとか、整形すべきではと思う人もいるかもしれない。

しかし、努力して大成するのは才能があるからである。天才は1%の才能と99%の努力から成るとエジソンも言ってるけど、それはつまり、才能がなきゃ努力しても無駄ということである。

また、顔さえ良ければいいという現実を受け止められないので、抗議の意も込めて(?)、このような態度をとっている。

というわけで、これからの人生は何もできないまま終わりそうである。まあそれはそれでよいのかもしれないが。